出会い系サイトに関するトラブルは振込め詐欺とともに増加してきた犯罪です。
平成15年ころから増加し、現在も発生している架空請求詐欺と言われている手口がそれです。
実際、出会い系サイトを利用して結婚したという方々もいますので、全てが悪質サイトではないのですが、一部の悪質サイトのために全体が悪質性の高いものと見られているのが現況です。
利用しようとしているサイトが悪質なものであるのか、見極めるのは大変なことです。
そこで、次のようなサイトには注意をしてください。
1 完全無料サイト
完全無料と言っているサイトのほとんどは提携しているサイトからの広告収入で運営しているため、サイトに登録すると、提携サイトにも登録されてしまうというサイトが大多数です。
そして、提携サイトは大部分が有料サイトになっています。
完全無料サイトとは言っていても受信のみは無料で、送信する場合は提携サイトからの発信になるのでその結果、知らぬ間に有料サイトを利用していて利用料金が請求されてくるというケースが大多数です。
2 利用規約・特定商取引法に基づく表示の記載がされていない。
利用するサイトのトップページに利用規約や特定商取引法に基づく表示がなされていない場合は絶対に利用しないでください。
この様なサイトはアクセスしただけで「利用代金が支払われていません。」「違約金を支払ってください」等と請求がくることがある悪質なサイトです。
ですが、この請求に屈することはなく支払いはしないでください。
支払いをすることなく、その請求メールを消去せずに警察に相談の上被害届を提出するようにしてください。
3 利用料金が不明確である。
この様なサイトは絶対に利用しないでください。
後に法外な利用料金を請求されることが多々あります。
2に表示記載がないというものですから、元々の契約が成立せず、また誤信させて利用を促進させて、料金を請求するという悪質性は詐欺そのものと言っても過言ではありませんので、絶対に利用しないようにしてください。
4 定額料金制度
定額料金制度で利用者を募っている業者が散見されますが、ここが落とし穴になっているので、この落とし穴に落ちないようにしてください。
この落とし穴って何だろうと感じている方々が多数いると思いますが、この定額料金制度は1ヶ月の上限が設定されている場合が殆どなのですが、中には1ヶ月5,000円と謳いながらも、その実は半月経過した頃に追加料金を請求してくるサイトがあるのです。
そして、このサイトにはサクラと言われる存在が他の有料サイトより多くいるのも事実で、いわゆる定額料金をいいことに出会えないサイトを作って稼いでいる業者が多いのです。
5 勧誘メール
知らないサイトから突然、自分のキャリアにメールが届いていて、開封してみたら出会い系サイトのメールだったという覚えがある方がいると思います。
この手のサイトは、アドレス非公開サイトを経由して発信してきたり、また開封後に料金請求メールを送信してくるということもありますので、見知らぬメールはサイト経由でなくても開封することなく削除するのが自己防衛です。
芸能人の名前を騙ってくるメールもこの部類に該当します。
出会い系サイトにまつわるトラブル対策

出会い系サイトにまつわるトラブルの大多数は利用及び請求にかかる料金トラブルです。トラブルの形態を紹介しますので、ご自身のトラブル内容と突き合わせて参考にしてください。

1 法外な料金請求
突然、自分のパソコン、スマホ、携帯に「サイト利用料金の請求」、「退会処理がなされていないので直ちに退会処理をしてただかないと料金が発生しますので、すぐにこちらに連絡の上退会処理をしてください。」などのメールが来たことはありませんか。
実は、この請求はサイトが請求しているのではなく、いわゆる架空請求グループが行っているもので、これらのメール自体が詐欺のための手段なのです。
ですから、自分がサイト利用した覚えがないのに請求が来たとか、サイトを利用した覚えはあるがこの請求にはサイト名が記載されていないと思われた方は絶対に返信したり連絡したりしないようにしてください。
そして、既に連絡してしまったという方は最寄りの警察署に届け出てください。
2 利用規約違反に対する違反金請求
サイト利用者のやり取りの中で直アド交換とかを禁止しているサイトが多いと思いますが、これは運営サイトが利用者のやり取りをパトロールという名目で監視しているから発覚する行為なのです。
そして利用者の禁止行為を発見した場合は利用者に警告をするのですが、この時に警告と同時に違反金を請求するサイトが多く、サイト利用者は黙って違反金を支払うケースが殆どです。
しかし、利用規約に違反行為は記載されていても、利用規約に制裁金、違反金を徴収するという事項を記載していないサイトもあります。
ですから、自分が利用しているサイトの利用規約を熟読して、制裁金・違約金の記載がない場合は拒否してもかまわないのです。
3 サイト外でのトラブル
サイト利用者に纏わるトラブルはサイト利用時だけではありません。
いざ会えるとなった時に発生するトラブルもありますので、ご注意ください。
Ⅰ 若年者交際
ここでいう若年者とは、満18歳未満の者をいいます。そして、生徒(高校生以下)も含みます。
これらの年少者と婚姻を前提としないで肉体関係を結んでしまった場合は各都道府県で制定されている条例の違反として検挙されてしまうことがありますので、生徒との交際は回避するか、どうしてもという方は肉体関係だけは回避しましょう。
自分ではばれないと思っていても、相手は何らかのはずみで保護者に話をしてしまうことが多いのが、この関係の大きな特徴ですから、若年者との交際は公になってしまうということを忘れずにいてください。
Ⅱ 美人局(つつもたせ)
この言葉を初めて聞く方もいると思いますが、この古典的な手口が現在も寂れることなく発生しており、意外に多い犯罪手口でもあるのです。
これは、最初は二人だけのはずだったのですが、肉体関係を結んだ若しくは結ぼうとした時に相手の連れ合いが登場して、「人の女になにすんじゃい」「人の女に手を出すとはええ度胸しとるやないかい」「人の女に手を出したんやから誠意見せろ」などと申し向けてきて金員を奪うという手口の犯罪で、恐喝の部類に属する犯罪手口です。
この犯行の特徴は、最初から積極的で、サラリとデートしたらホテル等で関係を結ぶことを仕向けるとか、会った段階で相手の相棒が登場してくるというものです。
この犯行を未然に防止する手立てはありませんが、トントン拍子に話が進行して近日のスケジュールで会うことになったとかいうような状態で、意外に相手も積極的であったという感触があったならば警戒してみることが必要です。
Ⅲ 援助交際
Ⅰと一部被る部分はありますが、肉体関係があって、その都度現金や物をプレゼントして、その生活を援助していたということになると、その肉体関係の対価としてと認定されると育成条例のみならず「売春」ということにもなりかねませんので、援助交際は厳に慎むべきです。

頼れる調査会社

東京サーチ探偵事務所は、調査前の相談を徹底しています。相談から調査、調査終了後のアフターフォローまですべて自社で行います。

24時間365日対応

ご相談は24時間で電話対応をしています。調査を早く行いたい方の為に尽くせるサービスを徹底しております。

ご相談・お見積無料

ご相談、面談。お見積は無料です。他社の調査費用と比較していただきご利用していただくことも可能です。

いつでもお問い合わせください

調査員が全国各地で待機しています。ご相談は24時間365日可能です。頼りたいときにすぐに相談でき、すぐに調査を行える体制を整えてお待ちしております。お気軽にご相談・ご依頼ください。