離婚とは、婚姻の解消方法です。
離婚をしたい・離婚をする人へ、方法をご紹介します、。
まず最初にご紹介するのは、夫婦間の話し合いによる協議離婚です。
協議離婚で話し合いがうまくいかない場合には、すぐに離婚を求める訴訟を起こすことはできません。
離婚をしたい人は、離婚の調停を家庭裁判所に申し立てなければいけません。
離婚の調停が成立すれば離婚となり、これを調停離婚といいます。
家庭裁判所の調停離婚で合意に至らなかった場合はこのようになります。
家庭裁判所が夫婦にとって離婚することが相当であると認めてた場合、調停離婚にかわる審判を下すのが審判離婚です。
調停離婚が不成立の場合は、裁判所に離婚を申し立てることができます。
これが裁判離婚です。

 

理由は、さまざまです。

 

●旦那が家の生活費を博打(ギャンブル)と離婚したい。

この場合は、離婚の理由になります。
しかし、ここで大事な決め手になるのが「生活費」です。
生活費に手をつけてしまうことは、ギャンブル依存症となります。
ギャンブル依存症となると離婚の理由となります。

●離婚したいです、しかし、離婚を妻が拒否して話が進まないのですが・・・。

協議離婚で離婚が成立しない場合、先ほど記載しましたが、家庭裁判所に離婚調停を申し出ます。
離婚調停に於いて、離婚を成立させる。

●妻から親権をどうしても取りたい。

お子さんがいる家庭での離婚は親権という問題と発生致します。
離婚届には親権者を記載する欄があります。
離婚届に親権者を記載がない場合は、役所は離婚届を受け取ってくれません。

お子さま年齢はおいくつですか?

お子さまの年齢がある程度の年齢であれば、子どもの意思が尊重されます。
子どもの現状を考えて特別の事情がない限り、現実に子どもを監護教育している親を優先的に親権者とするケースが多いです。

0歳~10歳
衣食住全般にわたって子どもの面倒を見なければならないので、母親が親権者になる例が多い。
10歳~15歳
子どもの精神的、肉体的な発育状況によって、子どもの意思を尊重するとの取り扱いがされています。
15歳~20歳
子どもが自分で判断できるので、子どもの意思を尊重します。
20歳以上
20歳を過ぎれば、親権者の指定の必要はありません。

●DVを受けていて逃げてきた。離婚したいが旦那とは会いたくない。

協議離婚であれば、互いに話し合いをして、離婚の条件などに納得をすれば離婚できます。
しかし、DV離婚になると、まず相手と話し合うことができませんし、たとえ話し合いができてもまたいつ暴力にものをいわせるかわかりません。
なので、最終的には調停や裁判を想定されます。

とにかく今すぐ離婚をしたい!と思っていらっしゃる方も、まずはゆっくり一緒に考えましょう。
どうして離婚を考えるに至ったのか私たちにお話ください。

離婚後に
「やっぱりこうしておけばよかった」
と思っても取り返しのつかないことはたくさんあります。
笑顔で新しい人生を歩めるよう、私たちがアドバイス致します。
まずはお気軽にご相談ください。

頼れる調査会社

東京サーチ探偵事務所は、調査前の相談を徹底しています。相談から調査、調査終了後のアフターフォローまですべて自社で行います。

24時間365日対応

ご相談は24時間で電話対応をしています。調査を早く行いたい方の為に尽くせるサービスを徹底しております。

ご相談・お見積無料

ご相談、面談。お見積は無料です。他社の調査費用と比較していただきご利用していただくことも可能です。

いつでもお問い合わせください

調査員が全国各地で待機しています。ご相談は24時間365日可能です。頼りたいときにすぐに相談でき、すぐに調査を行える体制を整えてお待ちしております。お気軽にご相談・ご依頼ください。