ストーカー行為

 
「ひとりで悩んでいませんか。」
加害者のゆがんだ感情表現から、被害や行為がエスカレートしていくのがいやがらせ・ストーカー被害です。
ストーカーとはストーカー規制法によって刑事罰が科せられる犯罪です。しかしながら、警察でもその対応に苦慮、ある程度の証拠を提示しないとなかなか捜査に動いて貰えないのが現状です。
平成25年(2013年)の全国でのストーカー行為は21000件以上となり、初めて2万件を突破し、殺人に発展したのは15件も発生している怖い犯罪です。
そのストーカー行為の被害者の9割が女性であり、20代から40代の被害者が8割に達していて、被疑者の87%が男性であるという犯罪なのです。
そして、その被害者との関係は、交際相手・知人友人が6割に達し、その動機は好意の情が約7割、怨恨が24%という警察庁の統計が発表されています。
東京サーチ探偵事務所では、皆さんの状況がどのような状況であるのかを弊社が分析した東京サーチ探偵事務所では、皆さんの状況がどのような状況であるのかを弊社が分析した「ストーカー男の特徴」、「女性ストーカーの特徴」、「不倫男の口説き方」、「嘘の見破り方」等のデータから判別して、皆様が安心した毎日を取り戻すための最善の方法を提案いたします。
弊社は元刑事の調査のエキスパートをはじめとしてプロフェッショナルな調査員で構成されておりますので、行為内容に最適な調査・対策を行い、届出に必要な証拠資料もお届けすることができます。
調査のプロが東京サーチ探偵事務所です。

 

ストーカー男の特徴

1:見栄っ張りで女性からモテないわけでもない
ストーカー男といえば、モテないから女性への執着心が強いというイメージがないでしょうか?
ストーカー男の特徴として見栄っ張りという点が挙げられます。つまり、実際以上に自分をよく見せることに余念がないので、ストーカー男の見せかけの魅力にコロッとだまされる女性も少なくありません。
2:同年代や年上の同性との人間関係は希薄
ストーカー男は見栄っ張りなので、自分を大物に見せるための嘘をつく傾向があります。
ストーカー男の虚勢を見て、「この人すごい!」という錯覚に陥る女性はときどきいますが、同性からすれば、ストーカー男は単なる“鼻持ちならない奴”ですから、友人が少ない、年上と折り合いが悪いという特徴があります。
ですが、年下の同性に対しては、ストーカー男の大風呂敷が通用するので、ウケは悪くありませんし、ヨイショに対して気を良くして面倒をみたりしますので、後輩や下級生を連れてあるくこともあります。
3:自己愛が強すぎる
ストーカー男の特徴として、自己愛が強すぎるという点も挙げられます。
“自分は絶対無比の特別な存在”という意識があり、自分以外の人間の長所を認めることができません。自分が褒められると単純に喜びますが、他人が褒められると機嫌が悪くなって、「あいつって意外と腹黒いところもあるよね」などと、褒められた人の悪口を言い出すことがあります。人は自分に自信があれば、また、心に余裕がある人ならば、他人を素直に認められるものですから、人の悪口を言うなんてことはないはずです。
ですから、ストーカーと本当の大物人物を見分ける判断材料として、目の前で他人を褒めてみて、その反応で判断してみましょう。
4:恋人への過度の依存
元交際相手に、執拗にメールを送りつけたり、電話をかけたりするというのはストーカー行為の典型ですが、ストーカー男は別れをきっかけにこういう行動を開始するわけではありません。
交際中から、過度に連絡をとりたがる傾向は既に現れていることが多いです。
一般的に、男性は女性よりも連絡無精なところがあります。「彼が全然メールの返信をしてくれない」という女性の不満や悩みはよく耳にしますよね。
他方、ストーカー男の連絡のマメさは、交際初期の女性には「無事に帰宅した。」等と気遣う他方、ストーカー男の連絡のマメさは、交際初期の女性には「無事に帰宅した。」等と気遣うメールをしてくれたり、メールすると即レスが返ってくるなど優しさに満ちているように感じることメールをしてくれたり、メールすると即レスが返ってくるなど優しさに満ちているように感じることと思います。
しかしストーカー男がする電話やメールは相手に対する愛情ではなく、「自己不安の顕れ」しかしストーカー男がする電話やメールは相手に対する愛情ではなく、「自己不安の顕れ」なのです。
ですから、帰宅を確認するようなメールについても貴女の安否を気遣ってではなく貴方の行動ですから、帰宅を確認するようなメールについても貴女の安否を気遣ってではなく貴方の行動を把握したいがための確認で、これらの連絡に対しての回答が遅くなった場合、突然、怒りを把握したいがための確認で、これらの連絡に対しての回答が遅くなった場合、突然、怒りだすのはストーカー男の最大の特徴と言えるものであり、当然、貴方の都合は通用しません。だすのはストーカー男の最大の特徴と言えるものであり、当然、貴方の都合は通用しません。
貴方にいかなる正当な理由があっても、ストーカー男は「浮気している」、「愛情がなくなった貴方にいかなる正当な理由があっても、ストーカー男は「浮気している」、「愛情がなくなった証拠」などと解釈してしまい、貴方の言うことに耳を傾けません。証拠」などと解釈してしまい、貴方の言うことに耳を傾けません。
連絡に対して応答ができなかった時に、どの様な態度をするのかでストーカー男と普通の男性とを区別するのが良いでしょう。
5:仲直りのためには過剰なサービス精神を発揮
ストーカー男は交際中も異様に嫉妬深かったり束縛が強かったりするので、交際相手と喧嘩になったり、女性のほうから距離を置きたくなったりすることになるでしょう。
ストーカー男は女性が最初に愛想を尽かした時、「俺が悪かった」と土下座したり、高額なプレゼントをしたりとか過剰なまでのまでのサービス精神を発揮してでも縁りを戻すために手段を選ばないという特徴的な行動にでます。
普段は高慢な態度を取っていながらの変貌ぶりに心を揺らすかもしれませんが、男の態度は改まることはありませんので、その錯覚に騙されてはいけません。
ストーカー男は交際が深く長くなるほど、女性への執念と執着は強くなり、束縛することに対して何の抵抗もなく、また、その束縛を愛情表現と勘違いしていますので、間違っても相手と縁りを戻すことはしないということを心に留めておいてください。

 

ストーカー被害に遭いやすい女性のタイプ

1 恋愛気質タイプ
すぐに、他人を信用し、恋に落ちてしまう。時と場合によっては、体をすぐに許してしまう。
そんなスピード感のある女性が、ある日、恋人の嫌な面を見たり、他の男性に心を奪われ、別れを切り出した結果、その感情の変化に対応できない男は女性を繋ぎ止めたい感情が優先されてしまうので、女性に付きまとったり、多数のメール攻撃に転じてしまう男の被害に遭ってしまうのです。
2 八方美人タイプ
自分には、その気持ちがなくても、その立ち居振る舞いが男性には自分に好意を抱いていると勘違いさせてしまう八方美人タイプの女性は、素振りや曖昧な返事などから、自分に少なからずとも気持ちがあるのではないかと勘違いされて、その結果、ストーカー被害に遭ってしまうのです。
3 押しに弱いタイプ
人と意見が対立することを極端に回避する人、つい人に同情してしまう人等のいわゆる「もめるのが嫌」と思っている押しに弱いタイプの人は、常に相手に言われるがままと受け取られてむしまう人は、ストーカーにとっても「何をしても許されそう」、「自分の方が立場が上」と思うので、ストーカー被害に遭いやすいというタイプなのです。
特に自宅や勤務先での待ち伏せや付きまといされやすいタイプなので、相手の言うがままにならないように断る勇気も必要であることを忘れずに行動してください。
4 人任せタイプ
恋人関係になって、テレビ設置やパソコンの設定、スマホの設定はもちろんのこと、引っ越しまでも恋人に任せてなんて、何でも人に任せてしまうタイプの人は、ここに落とし穴があるのです。
仲の良い時には問題ありませんが、自分たちの関係に亀裂が入った時に、これらを設定した各種アカウントや転居費用の精算に使用したクレジットカード情報等の個人情報が流出してしまうこともあり、相手をストーカーに変貌させてしまうことになるのです。
ストーカー被害は付きまといや待ち伏せだけではありません。
メールやメッセージの大量送信、誹謗中傷の書き込み、リベンジポルノなどといった一度の行為がとてつもない被害をうけることになります。
また、その行為は自分だけではなく、自分の家族や友人にさえ矛先が向いてしまうことさえあるのです。

以上のように、男女間の感情のもつれから、相手をストーカーに変貌させてしまうことがありますから、そうなる前に勘違いさせる行動を慎み、断り方に注意しながらも断ることは断るとという姿勢を持ち、守るべきところは守るという自己防衛意識が必要なのです。

頼れる調査会社

東京サーチ探偵事務所は、調査前の相談を徹底しています。相談から調査、調査終了後のアフターフォローまですべて自社で行います。

24時間365日対応

ご相談は24時間で電話対応をしています。調査を早く行いたい方の為に尽くせるサービスを徹底しております。

ご相談・お見積無料

ご相談、面談。お見積は無料です。他社の調査費用と比較していただきご利用していただくことも可能です。

いつでもお問い合わせください

調査員が全国各地で待機しています。ご相談は24時間365日可能です。頼りたいときにすぐに相談でき、すぐに調査を行える体制を整えてお待ちしております。お気軽にご相談・ご依頼ください。